タグ別アーカイブ: FF5

バンドネオンのボタンレイアウトに就いて

外道です。

前回、バンドネオンは基本的にはBi-Sonicの物が主として流通しており、奏者は4種類のボタンレイアウトと向き合わねばならないという記事を書きました。

「じゃあ、外道はどうなんだ?」
「あなたは閉じ弾きやってるのか?」

という話になるかと思いますので念のため演奏動画を添付いたします。(眩しがりなのでサングラスを着用しております。)


と、その前に

筆者が使用している楽器のボタンレイアウトをご覧ください。
上段が「開き弾き」、下段が「閉じ弾き」時となります。

Bi-Sonicの中にも種類がありまして、その中の「ライニッシュ式配列 (Rheinische Lage)」と呼ばれるものを筆者が独自に改良したものです。

表には「Bandoneon Viper-II」とありますが、動画の紫色の楽器が該当します。


Final Fantasy V – The Land Unknown (新しき世界) Bandoneon solo
https://www.youtube.com/watch?v=I1zODlAOzvc
「ファイナルファンタジー5」のBGM曲です。



Pollyanna (I Believe in You) – (NES)Mother Bandoneon solo
https://www.youtube.com/watch?v=xHwi8DS0fnY
ファミコン「マザー」のBGM曲です。



A Sigh ためいき – 痕(Leaf) Bandoneon solo
https://www.youtube.com/watch?v=7c8x1HO4TfA
昔のPCゲーム(ビジュアルノベル)のBGM曲です。


バンドネオンの開き弾きと閉じ弾きの切り替えは非常に気持ちが良いです。運動神経に自信がない私でも、ある程度サクサク弾けるようになっております。


「バンドネオンは難しい、悪魔が作った楽器と言われている」と吹聴する方(仕事でせざるを得ない方) がおりますが、筆者は悪魔崇拝者ではございませんのでそんなん知ったこっちゃありません。

このWebサイトをご覧になった方で興味をお持ちの方は、バンドネオンを始める前に「難しい」とか「できっこない」はよしましょう。

適正の有無の心配は後まわしでも良いではありませんか。
重要なのは楽しめるかどうかです。

難しいことはプロの演奏家に任せておけば良いのです。

どんな分野でもそうですが、情報のインプットが足りないとやりたいことがうまくできなかったり、やり方がわからないということはあります。

つべこべ言わずに、買ってみて触ることが大事です。
後生だからセーフです。


以上