タグ別アーカイブ: 自作曲

タマリンドはいいぜぇ!タマリンドはよぉ!

外道です。


さて唐突ですが、タマリンドというフルーツは最高です。
果実が食用になるマメ科の植物です。

和名:チョウセンモダマ
英語:tamarind

アフリカの熱帯が原産で、インドやタイをはじめとする東南アジアなどの亜熱帯および熱帯地域で栽培されています。

我々、日本人には馴染みの薄いトロピカルフルーツです。タイやフィリピンでは子供のおやつとしてメジャーな存在です。


果実はペースト状に加工して、料理の調味料に使用されたりします。


タマリンド 375g アメ横 大津屋 スパイス ハーブ tamarind チョウセンモダマ イムリー エムリ マクイムリー

うーん、原形を留めていませんね。種の周りの皮が入っているような。

この梱包ですと「ブツ」って呼び名で取引されてもおかしくないです。あのー、末端価格おいくらでしょうか?




ユウキ タマリンドペースト 227g
こちらは瓶詰です。やや割高ですが、これならお母さんもお父さんも安心ですね。

このような「タマリンドペースト」には繊維や種子が入っていないため、そのまま調味料として使うことが可能です。



ナム マカン タマリンドジュース フォコ 350ml
このようなジュースも存在するようですが、砂糖がバシバシ入っているので筆者はあまり気が進みません。

で、これが本命です。
タマリンドがぎっしり入ったパッケージです。

枝豆を大きくしたような形をしていて、筆者は恐怖のあまり一瞬購入を戸惑いましたが、税抜き 850円 アジア系の食材店で仕入れました。

マカーム・ワーン(スウィート・タマリンド)です。
20本くらい入っていてうれしいです。


さて、タマリンドのさやは乾燥されて殻状になっています。
このように手で簡単に割れます。

茶褐色の果肉が見えました。

この果肉は柔らかくて粘り気があります。
手につくとベタベタしますが水溶性なので安心してください。

殻を剥いて見えていますが、この茶色い部分が果肉です。
中に種が入っていますが構わず口に含みます。

ベタベタしたこの部分が甘酸っぱくておいしいんですよ!
種の周りの皮の部分はやわらかいので食べられます。

管の部分を歯でしごいて外しながら、口に含んでください。
あとは、種と実を頑張って口の中で分離してください。


種はツルツルとしていて石のような重量感があり、堅くて食べられないので口から出しましょう。

おっと、この種を捨てるのは若干もったいない気がしますね。

Wikipedia記事内にあるタマリンドの木の画像が凄い!
種を植えてこのくらい育てば 食べ放題かもしれません。

寒さに弱いみたいなので日本では苦戦しそうです。
地面にお湯のパイプを通そうか前向きに検討します。

おっと!タマリンドの食べ過ぎは禁物ですよ。
おなかがゆるくなってしまいますからね。

栄養価が高く、美容効果、腸内改善、疲労回復に効果があるといっても、ほどほどにしましょう。



で、タマリンドがあまりにおいしすぎて筆者は曲を作ってしまいました。うまげ!うまげ!

曲名は Tamarind (タマリンド) 
でバンドネオンソロ用の曲です。毎度シュールな作風で申し訳!

バンドネオンの「開き」と「閉じ」で指がつながることを確認済。

筆者が嫌いな16分音符もありませんし、練習すれば必ず弾けるはずです。練習が楽しみです。


以上

作曲はいいぜぇ!作曲はよぉ!

外道です。

オイコラ外道、バンドネオンなんかしてんじゃねえよ
しかも自作曲作って弾いてんじゃねえよ

いえ、一回作曲やったらもう戻れませんよコレ。
むしろ辞め方を筆者に教えてくださいよ。


音楽は既に世の中にありふれております。
にもかかわらず、全パターンが出尽くしたとは言えません。

音の組み合わせだけでなくリズムの組み合わせもありますので、まだまだ余地はあります。

自分が作った全然いけてねえダメな曲をどうにか改造してマシな形に持っていきたいところです。


無理だよ!できないよ!トニー!
1曲も思いつかないし、楽しくないよー!

……いやまだあきらめるのは早い!

おいしくてビタミンミネラルたっぷりの
ケロッグコーンフロストを食べれば・・・・

って今はケロッグコーンフロスティじゃねえかっ!
いつの間に名前が変わっているんですな!


上記の物を摂取しても作曲は「こんなの簡単さ!」とは行きません。

頭の中に浮かんだ音のイメージを頭の中でいじって、さらにそれを耳コピして何らかの形でこの世に再現できなければなりません。

それには相対音感が必要です。
幸い少しずつですがこれは鍛えられます。

筆者ははじめのうちは携帯電話で好きなゲームのBGMを耳コピし、着メロを作っていました。

そもそも小・中学校の音楽の授業はあまり好きではありませんでした。

鍵盤ハーモニカは割と真面目に練習していた気がしますが、歌を歌わされるのがめんどくさかったのを覚えています。

というのも、小さいころから歌がない音楽(インストゥルメンタル)が好きだったからです。


YMO – Absolute Ego Dance
TechnopolisよりもRydeenよりもコレ!

スパイ大作戦 – オープニングテーマ
有名な冒頭のBGMです。

T99 – Dogwalk
80年代後半~90年代前半 ベルギーの二人組の作品

こういう音楽ばかりを好んで聞いていたため、
「J-PopのCDを買う→カラオケ」という文化とはもともと縁がありません。不思議とクラシック音楽にも興味が向かいませんでした。


で、最近の話に戻ります。

筆者はバンドネオンの先生に音楽理論の初歩的な知識を教わって、
試しに短いものを1曲作ってから、あとは定期的に音が思いつくようになりました。

1~2小節思いついたらシメシメ、それは既に1曲できたようなものです。

クオリティはさておき、ちゃんと1曲にするのです。
変な曲を作りまくりましょう。

そのあとは楽譜にして楽器で練習したり、コンピュータに打ち込んだものを聴きこんで、あーでもないこーでもないと修正したりを繰り返すだけで、かなり楽しめちまいます。

しばらくすると次の曲が思いついて寝るときにうなされるようになりますので、安眠したければ鍵盤などを操作して続きを作って、譜面に起こさねばなりません。

この記事を読んでいるあなたも始めてみてはいかがかですか?

プロにならなければ音楽に興味を持ってはいけないということはありませんし、イマジナリな世界は心地良いものです。


以上

バンドネオンで何を弾きたいかに就いて

外道です。

唐突ですが、バンドネオンという楽器はドイツ生まれです。

ドイツのカールスフェルト(Karlsfeld) という地方です。

19世紀終わり頃のカールスフェルトは時計、オルガン、おもちゃの製造が手工業で行われており、それらの伝統を継承する工場がバンドネオン製作のベースになっていたようです。

この楽器、元々は教会音楽の演奏やポルカなどの踊りの伴奏に使用されておりましたが、1910年頃からアルゼンチンタンゴの演奏に重宝されるようになり、トータルで30,000台近くがドイツで生産され、アルゼンチンに輸出となりました。

戦後 1945年頃にアルフレッドアーノルド(Alfred Arnold)という会社が解体され、以降しばらくの間、残党の方がやや低品質の楽器を生産して現在に至る。

という歴史があります。
(詳しい説明はこちらの記事 バンドネオンの歴史に就いて に書いています。)


アルゼンチンに輸出されたもののうち、様々な理由で日本に持ち込まれたものがアルゼンチンタンゴの演奏に適したビンテージのバンドネオンとして現在も日本国内で流通しており、重宝されております。

が、製造から90〜100年が経過しており演奏可能なコンディションを保つことのできるバンドネオンは少なくなっております。

ホント見かけなくなりました。


現在もドイツにはバンドネオン愛好家は居りますが、ドイツ国内ではさほど重要な楽器とはみなされておりません。シンセサイザーの方が盛んな気がします。(ヴァーモナ(VERMONA)ウォルドルフ(Waldorf)ドイプファー(Doepfer)など)


しかし、新品のバンドネオンを製作販売する業者はドイツをはじめとした各地に存在しており、それは旧式の物とは別の優れた点があります。

筆者はバンドネオン開始当初はビンテージバンドネオンを使用しておりましたが、新品のバンドネオンを自分で長年弾き込んでビンテージ楽器にする方向に頭を切り替えました。


バンドネオンといえばやはりアルゼンチンタンゴのイメージは強く、ビンテージのバンドネオンにこだわりたいところです。

が、筆者にはそのような考えはないです。
望み通りのビンテージバンドネオンは手に入らないからです。

ただ、バンドネオンをするからといってアルゼンチンタンゴに拘泥する必要はありません。


で、何を弾くのかという話題ですが、筆者は今は自作曲がとにかく弾きたいです。

DAWにMIDIデータを打ち込んで、Vst PluginよりWAV出力をしたのが下記になります。

難しいのは嫌なので、音数をなるべく少なくすることに力を入れています。

GEDO Mar – La Valse des Coquilles de Pistache (ピスタチオの殻のワルツ)

で、こちらが演奏動画です。
こんな曲でも弾けるとうれしいものです。



こちら下記 2曲はまだ練習中です。
簡単なはずですが、これがなかなか。




以上