タグ別アーカイブ: 楽器

さて、トルコの弦楽器Sazについて少し調べ

外道です。
トルコ音楽で最も使用されている弦楽器 Saz (Bağlama)についての記事です。あくまでも個人的に頭を整理するためのメモ程度のものです。おっぱじめるためにはある程度の下準備が必要です。とかいいつつ既にトルコの業者とやりとりし、発注済です。


サムネイルの写真は 数年前のメッセフランクフルトで撮影したものです。この時、筆者はFERHAT KAŞIKÇI 氏のデモ演奏に聞き入っておりました。バイオリンやギターなどの展示にはあまり興味がなく申し訳。

やや気になるドキュメンタリー映画Saz

この楽器は主にトルコの伝統音楽と、民俗音楽、アラベスク音楽に使用されており、1500年以上の歴史があります。

Sazと呼ばれますが、どちらかというと「Bağlama (バーラマ)」が正式名称のようです。

[有名な奏者]
Aşık Veysel Şatıroğlu (アシュク・ヴェイセル)
Neşet Ertaş (ネシェ・エルタシュ)
Muhlis Akarsu (ミューリス・アカルシュ?)

筆者はトルコポップのこちらのPVで見かけて知りました。

作曲家 Doğukan氏が所持しているこの白い楽器、エレクトロSazと思われます。


これは「Elektro Bağlama」(= エレクトロ Saz)と呼ばれるもので、弦の振動を電気信号に変換して音を出力するタイプのもの。アコースティックなものとは別モノの印象です。それでもエレキギターよりはSazっぽいです。

あわび(アバロン)の装飾がかっこいいです!
これもエレキです、指の動きが早過ぎてよくわかりません



このSazという楽器はボウル(tekne)、響板(göğüs)、ネック(sap)の3部構成で ボウル = 洋ナシのような形の丸い部分です。

ボウルの素材として使用されている木材は
桑、 ジュニパー(ネズ)、マホガニー、クルミ など

名人 FERHAT KAŞIKÇI 氏
外部のマイクで拾ってます


Sazの販売店探り

Duygu Muzik Evi
https://duygumuzikevi.com/
ロングネックよりショートネックの方が品揃え多い気がします。
プロ仕様の 10,000トルコリラの楽器 ≒ 約 86,641円 (2022/4/16現在)
バンドネオンと比較してしまうとお買い得な気がしてなりません。
1 Bn = 10~20 Sazという感じです。バンドネオンはお財布にやさしくありません。

Yılmaz Saz Evi
https://yilmazsazevi.com/
9弦のDivan Sazもあります。490トルコリラで一番安いSazがあります。22,000トルコリラのSazは単に値段が高いのか本当に業物なのか不明です。

Sala Muzik
https://salamuzik.com/
自社サイトは翻訳バッチリ、それだけでなく各国向けのAmazonサイトにも出品されており、輸出に力を入れているようです。ケースやスタンドなども一緒に提案してくれます。Saz以外の品ぞろえも豊富です。

Bağlama & Saz Modelleri ve Fiyatları – Hepsiburada
https://www.hepsiburada.com/baglamalar-c-402814
見やすいページです。448トルコリラ ≒ 3,868円(2022/4/16現在)で入門用Saz一式は安すぎます。Saz以外の品ぞろえも豊富です。

Erasaz
https://www.erasaz.com/
エレクトロサズと言えばこの店です。プロ御用達のようです。上達したらアバロン装飾付き高級品を狙いたいですね。

良いSazの条件

・楽器に亀裂や傷がないこと
・ネックが真っ直ぐであること
・弦がフレットに触れない (隙間は3mmが理想)

個人的なメモ

Saz は発弦楽器で 弦は全部で 7本、上から 2-2-3 の複弦構成になっている。これはシンセサイザーのオシレーターやバンドネオンのダブルリードと同じ考え方、豊かな倍音を得る仕様。弦同士の共振も狙っている。

楽器の大きさの種類は多数
Meydan Saz:12弦
Divan Saz:9弦
Çöğür:通常のBağlama
Bozuk:エーゲ海と地中海地方で使用される
Cura:もっとも小型のもの
İkitelli:Curaより少し大きい古楽器
Kopuz:Bağlamaの祖先

Sazの祖先は Kopuz(コプズ)という弦楽器です。中央アジアの音楽で使用されるKomuz(コムズ)と関連しているようです。

Sazにはショートネックとロングネックのものがある。
・1960年代に習得を簡素化するために設計されたショートネック サズ
・本来の伝統的なロングネック サズ


3つの弦グループ(7弦3コース)、
上:2本中1本が 1オクターブ上
中:ユニゾン
下:3本中2本が 1オクターブ上

上から下に
ショートネック 19フレット:ラソレ(A、G、D)

Short Neck Saz


ロングネック  23フレット:ソレラ(G、D、A)

Long Neck Saz この方はラ# ファ ド(A#、F、C)


調律アプリ Bağlama Akort ve Metronom

https://apps.apple.com/jp/app/ba%C4%9Flama-akort-ve-metronom/id1520458900

調律アプリ2 Saz Tuner – Bağlama Akort App

https://apps.apple.com/jp/app/saz-tuner-baglama-akort-app/id1130806495

ただし、チューニングパターンは複数存在する。(地域ごとの流派?)



実音と記譜が違う 実音ラ# ファ ド→ 記載 ソレラ

フレットの中間を抑えると四分音(半音をさらに半分に割ったもの)になる。このような微分音は西洋音楽では除外されたが、自然倍音を含みハーモニーとして本来は成立するものである。

右手:楕円形のナイロン製ピックを上から撫でるように下ろす。演奏に自分の指や爪を使用しても良いが、ピックは「mizrab(メズラブ)」と呼ばれるもの。使用目的は指擦れの保護。ティッシュをつまむ程度の力で良い。弦の下のボディに手を接触させて軽く固定し、ピックを操作。

左手:指を立ててフレットを抑える。

ロングネック:左手移動大変だが音域が広い、低音も出る。
初心者にショートとロングどちらを勧めるか賛否両論あり。現地の方はロングを強くおススメしている。バンドネオンと同じでつまらない揉め事も起きている模様。

現代は実用的なショートの方が主流とされている。( 同じオクターブ内の演奏をするならこれで十分とのこと)

筆者はロングの方が音色の響きが良いと思うのでロングに決定し、発注済。


楽器への水分はNG、基本的に空拭きで。極度の乾燥もNG、アルコールNG。
ケースに楽器を入れる前に、弦を緩めて綿の布で覆う。 弦を締める際は低い方から高く一方向に。
ケースに入れる際は弦を上にして置く。

楽器の保護はポリスチレン製ハードケースがおススメ (衝撃、虫、紫外線からの保護)

あと、いまさらですが、

この楽器、バンドネオンより難しいんでねえかと心配しております。


以上

さて、過去に所持していたシンセサイザーを供養

外道です。
バンドネオン 10年目にしてマンネリしたため、別の楽しみを探していたところトルコやギリシャの弦楽器 Saz (Baglama) に興味が出てしまいました。

Sala Muzik – Saz Turkish String Instrument
ここで買うかは未定ですが商品ラインナップです。どれにしようか悩み中です。露助と浮助の皆さんには申し訳ありませんが、こちとら少しでもワクワクする時間の過ごし方をしたいので仕方なく。

ただ、またしても楽器の趣味なので自分の中で80点くらいの理解度に達した場合には飽きる可能性が高いです。

「同じことを繰り返して何になるというのか」
と少しは反省しているので、やるかやらないかは検討中です。

しかし、気の向くままに別ジャンルから知見を得ることは悪い事ではありません。何かに飽きることは己の成長でもあります。

バンドネオンの経験がどこかで活きるかどうかは不明です。
どこかで点と点が繋がって役に立ったり、おもしろいことになる可能性はあります。

筆者はバンドネオンの前には電子楽器(シンセサイザー)を衝動買いして遊んで、オシロスコープで波形を観察して、飽きたら売却する等を約 8年繰り返していたため散財がひどかったです。しかも、ダメダメな曲を大量生産して楽しんでおりました。

David Borden率いるMother Mallard’s Portable Masterpiece Co.やら、
Klaus Schulzeなどを聞きまくっていたので、とにかくアナログシンセにあこがれていたんですね。仕方なし!

とにかくミニマルミュージック!David 氏お元気でしょうか。
1人でTangerine Dreamを続行している作風ですお元気でしょうか。



しかし、満足いくまで電子楽器に触れることができたのでこの時期は非常に楽しかったです。飽きるまでいじったので悔いはありません。


良い機会なので「自戒」の意味で機材を列挙しておきます。
断捨離済のため現在手元にはほぼありません。基本的にコレクターではないため潔く片付ける姿勢です。あとは機能だけでなく取引相場の変動も結構面白いです。

ちなみに筆者は電気工学を専攻していた人間ですが、配線が露出した状態やハンダ付けの作業をやたら憎んでいたせいかモジュラーシンセや自作シンセには全くハマりませんでした。

キリがないので思い入れのあるもののみ列挙としておきます。

——————————————————
Roland MC-307 Groove Box
https://www.snrec.jp/entry/productreview/2000/06/1037
マルチティンバー音源です。音色は JX-305と同じようです。筆者は学生の頃これを 75,000円で新品購入し、DJのオマケネタとして使用を試みた時期もありましたが、音色が低品質な上、打ち込みのしにくさが凄いです。しかもリアルタイムでの使用を想定されているにも関わらず、いろんな操作を行うと演奏中に音が途切れたり、強制終了したりします。しかし、入門用としてシンセ遊びをするには非常にコスパが良かったです。中古で安い時に仕入れて最終的には 3台所持していました。

ちゃんと使うと良い音出るんですね!



Roland TR-606
お手軽なドラムマシンです。2000年頃に中古で10,000円くらいで仕入れましたが、2022年現在では 40,000~50,000円するようです。Behringerは安いクローン品売ってます。


Roland TR-707
ドラムマシンです。シーケンスが液晶で確認できたり、フェーダーで各パートの音量を調整できます。2000年頃に中古で3,000円くらいで仕入れましたが、2022年現在では 40,000~60,000円するようです。筆者は808と909には手を出しませんでした。727はラテン仕様だった気がします。


Roland JUNO-106
https://www.proun.net/gallery/roland_juno106.html
アナログ同時発音6音のポリシンセです。DCOなので安定感があります。ファミコンのような音はたいてい出せます。音は薄めで筆者としては物足りませんでした。本当は Jupiter系が欲しかったです。ちなみにすべてのJUNO-106はチップに爆弾を抱えています。みんな修理して大事に使っているのだと思います。確かJUNO-106は安くたたき売られて 30,000円くらいだった気がしますが、え、2022年現在 120,000円くらいするんですか? 驚きです。


AKAI S3000XL
有名なサンプラーです。音を電気信号に変えたのち、その波形を好きな長さに編集したり、16bitのWAV形式でフロッピーディスクに記録できます。別売りのエフェクトボードがないとエフェクトがかけられません。残念ながら今では同じことが小さい機材でできてしまいますが、今考えるとかなり凄い機材だと思います。

Roland MT-32 MULTI TIMBRE LA SOUND MODULE
https://piano.tyonmage.com/roland/mt-32.html
https://kblovers.jp/gakki/451-roland-mt-32/
http://lib.roland.co.jp/support/jp/manuals/res/1809744/MT-32_j2.pdf
デジタルシンセサイザーD-50直系のLA音源(Linear Arithmetec)です。PC98あたりのゲームや作曲ソフト「ミュージくん」で使われていた音源モジュールです。マルチティンバーで使用可能です。PG-10 とか PG-1000があれば音色のエディットが可能です。D-50より濁った感じの音色で独特の味わいがあります。音色が好きで最終的に 3台所持しておりました。2000年頃は中古で投げ売り 1,000~5,000円の世界でしたが2022年現在は 20,000~30,000円で取引されているようです。

今聞いてもかなり味のある音色です

YAMAHA QY8
https://jp.yamaha.com/products/music_production/music_sequencers/qy8/index.html
携帯ゲーム機のような外観のシーケンサーです。内蔵音源有り。画面が小さいので自分が何をやっているのか分からなくなってきます。電車内でチクチクいじっていた時期もありましたが、割と早めに挫折しました。多少の楽譜の知識がある現在の筆者が触っても使いこなすのは厳しいと思います。

YAMAHA QX3
https://jp.yamaha.com/products/music_production/music_sequencers/qx3/index.html
サイバーでかっこいいハードウェアシーケンサーです。DTMのピアノロールがとにかく嫌でチャレンジしました。紙に書いたものを打ち込みするのですが間違えるとえらいことになります。プロはこれを超高速で入力していたそうです。現在、FDDエミュレーター等もありますので一部のプロの間ではまだ現役なのだと思われます。私は割と早めに挫折しましたが、とにかく見た目が最高でした。部屋に置いておけばモテるかも!

Doepfer MAQ 16/3 Analog step-sequencer
https://www.soundonsound.com/reviews/doepfer-maq163
http://doepfer.de/pdf/maq_man.pdf
アナログライクな操作性のMIDIシーケンサーです。無粋なメロディを簡単に大量に生成することができます。先述したマルチティンバー音源達との相性が良く非常に楽しめる機材でした。筆者はリアルタイム演奏で仲間内でライブを行ったことがありますが、そのような使い方はやめておいた方が良いです。よくよく考えたらシンセサイザー奏者の殆どがミニマルシーケンスしながらフィルタいじったりする程度です。お金かけてる割にはなんだかなあという感じで申し訳。


MOOG Minimoog Model D
http://www.korg-kid.com/moog/product-details/minimoog-model-d/
定番です。教育用に 1家に1台あっても良いと思います。
え、今はKORGが新品を輸入販売しているんですか? 今はビンテージ品買わなくても良いみたいです。ドキドキしながらこれの前期型をFive Gに買いに行ったのを思い出します。現在はアプリもありますし、Behringerが安いクローン品売ってます。


Roland SH-101
https://www.proun.net/gallery/roland_sh101.html
こちらも定番のアナログモノシンセ。操作が簡単で初心者向け、持ち運びにも便利です。ギラっとした音が出ます。発振も楽しいです。MC-202と同じ音源です。これもBehringerが安いクローン品売ってます。日本の製品なのになぜクローン品生産で日本が遅れをとっているのか!それはお察しください。

Roland EF-303
TB-303のような音色が出せそうな名前ですが出せません。それでも多少はピキピキ鳴らすことはできます。フェーダー部分がシーケンサーになりなかなか面白いです。なぜか打楽器音を鳴らすモードもあります。この頃のRolandはかなり攻めてました。



Roland SH-32
アナログ風デジタルシンセ、安物です。音色立ち上がり遅めでイマイチです。フィルターにキレなどはありません。安い機材は共通の部品でも使用しているのでしょうか。アルペジエイターや内蔵エフェクトの種類はやたらと多いです。フワフワしたPad系の音色向き機種です。ユニゾンモードで全ての音を重ねると暴力的な音色になりますがノイズが増すだけで太い音とは言えません。1つのキーに任意のオリジナルコードをセットして鳴らせる機能があり、実用性はさておきなかなか面白いです。名機かどうかは不明です。


KORG KARMA
https://komuro-synthesizers.com/korg/karma/
2001年の赤い外観のデジタルシンセサイザーです。自動でフレーズを生成するという謳い文句のアルペジエイター作成機能が独特で、今買っても結構面白いと思います。小室哲哉 氏も愛用されていたようです。当時音源がどのKORG製品も共通のもので面白味はありません。今聞くと音色はしょぼいと思います。しかし、見た目がかっこいいのでセーフです。


YAMAHA SS-30
https://kblovers.jp/gakki/317-yamaha-ss-30/
https://blog.ap.teacup.com/senmoji-b/53.html
木目調の70年代のストリングスキーボードです。バイオリン、ビオラ、チェロのような音が出ます。ARPのソリーナと比較されます。音色が上品で好みでした。20kgと非常に重いです。筋トレには良さそうです。YAMAHAはこれをミニ鍵盤で出してくれないでしょうか。いえいえデジタル回路では音色の再現が厳しいと思われます。筆者は鍵盤をロクに引けませんがこの機材を手放したことを非常に後悔しております。



KORG Sigma Σ KP-30
https://www.vintagesynth.com/korg/sigma.php
プリセット式のアナログキーボードです。リード系の激烈な音色が出せます。

KORG Lambda Λ ES-50
https://www.vintagesynth.com/korg/lambda.php
アナログ全ポリのプリセット型キーボードです。オルガンとストリングス系統の上品な音色。15kgと非常に重いです。2010年頃は 30,000円くらいで買えましたが、2022年は100,000~150,000円するようです。筆者は鍵盤をロクに引けませんがこの機材を手放したことを非常に後悔しております2。

KORG Delta Δ DL-50
https://www.vintagesynth.com/korg/delta.php
アナログ全ポリシンセです。ストリングスに特化した音色作りが可能です。音色のメモリ機能などという軟弱なものはありません。10kgとやや重いです。音色がイマイチなので今でも不人気です。30,000 ~ 40,000円程度

Δです、見た目はかなりカッコ良いです




YAMAHA TX802 FM TONE GENERATOR
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/tx802/index.html
6オペレータのFM音源モジュールです。16音ポリの範囲で最大8パートのマルチティンバー音源のような使い方ができます。DX7とは違い音色のエディットがしやすくてかなり楽しめました。


behringer Deepmind 12D
アナログシンセサイザーを謳っていますがアナログ風デジタルシンセな気がしてなりません。古いシンセを触ってしまうとこのような機種は音の立ち上がりが一瞬遅くて気に入らないです。波形出力時に明らかに何か考えてます。多機能でエフェクトも大量に内蔵されてお買い得シンセではありますが、筆者は好みの音色が全く作れず割と早めに触らなくなり売却しました。触っていてつまらねえシンセといえます。今更ですが音色メモリとMIDIがシンセサイザーをつまらなくする全ての元凶な気がします。



YAMAHA reface CP
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/reface/features_cp.html
お手軽なプリセット式ミニ鍵盤キーボードです。内蔵エフェクトも搭載しており音色良し。なんと、裏技でグランドピアノの音が出せます。普通に入れておけばよいのに、イジワルですね。


YAMAHA reface DX
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/reface/features_dx.html
お手軽なミニ鍵盤キーボードです。残念ながら4オペレータしかありません。音色の作成がTX802と比較してややめんどくさいです。内蔵エフェクト有。


YAMAHA PSS-140
FM音源のプリセットキーボードです。音色が強烈で耳にやさしくありません。チップチューン系です。

YAMAHA PSR-6
YAMAHA PSS-170
YAMAHA PSS-270

FM音源のプリセットキーボードです。いずれもYM2413 チップで全く同じ音色です。PSR-6はフルサイズなのでやたらとでかいです。値段の割にはお得感はあります。しかし、PSS-170と270はコンパクトで私の作曲時のお気に入りなので皆さんはあまり買わないでください。現在も数台手元に残してあります。Audio Animalsが無料のVSTを配布していました。

YAMAHA PSS-570
YAMAHA PSS-780

これもFM音源のプリセットキーボードです。音色がやや弱めでこちらは好みではありませんでした。少しシンセっぽいことが出来ます。

YAMAHAのポーターサウンドシリーズ
http://www.nurykabe.com/dump/docs/PSS/



お世話になった電子楽器の皆さんには新たなオーナーの元で成仏していただきたいものです。

さて、筆者のアナログシンセへの憧れは最後は音色作りすら放棄したFM音源の安いキーボードになってしまいました。

しかし、途中のストリングスキーボードがきっかけで生楽器に興味を持ち、結果バンドネオンするに至ったので個人的には 1本の道でした。お許しください。

以上