タグ別アーカイブ: フクロウ

Barred Owlというフクロウについて

外道です。
フクロウ紹介記事です。


Barred Owl (バレッドフクロウ、和名:アメリカフクロウ)
学名:Strix varia

は、
クリっとした目と茶色と白の縞模様の羽が魅力的な大型のフクロウです。Swamp Owl, Hoot Owl, Wood Owlなどとも呼ばれています。

ほぼ移動せずに暮らす定住型です。
寿命は長いもので 20年くらいです。


ちなみに夜行性です。
原生林でのみ生息しており、人間による飼育は原則禁止されています。


もともとはアメリカの東側に生息していましたが、20世紀に、太平洋岸北西部から南(カリフォルニア)に生息域が広がりました。

こちら鳴き声動画です。アメリカ人には
“Who cooks for you? Who cooks for you-all?”
と聴こえるそうですが。筆者にはいまいち理解できません。

この鳴き声を出すための笛(本来は七面鳥を呼び寄せて狩るための笛)も存在しますが練習しないと出せるようになりません。

上手く吹ければバレッドフクロウから返事をもらえるたり、近くに来てもらえたりするようです。

これはスピーカーで鳴き声を出して反応を伺っています。
最後はカメラが蹴られてしまいました。




巣箱に赤外線カメラを付けてYoutube配信している団体が居ります。

まずは、
Paul Yorke 氏
https://www.youtube.com/c/PaulYorke/videos
https://sites.google.com/site/barredowlsite/

グッズ展開も!
https://www.zazzle.com/store/owlwatch/products

こちらが巣箱です。
入口の手前には3本の足場があります。

4つのカメラと4つのマイクが設置されています。円筒状に斜めに刺さっているのがそうです。カメラは夜間は赤外線に切り替えて配信ができます。

巣箱の底には排水と換気用の穴があります。松わら、杉、松のチップが敷かれています。

フクロウはくちばしを使って定期的に卵を回します。
卵が壁に近づきすぎるとそれが不可能になりますので、卵が壁に近づきすぎないようにするトリムが巣箱内に設けられています。

巣箱を修理する必要があるときは、ケーブルとウィンチを使用して降ろします。

フクロウのつがいにとってこのような巣箱はなかなか魅力的な住居です。人間に監視されているのはアレですが、捕食者(主にGreat Horned Owl)から卵や雛を守るのに巣箱は適しています。

さて、ライブ映像を見ると基本、2匹の雛がお留守番してます。
なかなか母親が帰ってきません。

ちゃんとお留守番して偉い!

下の子はお母さんを呼んでいるのか、数秒おきに鳴きっぱなしです。
母親は近くの木で巣箱を監視しつつ、獲物を狩っています。

このライブ映像を部屋で流しっぱなしにしているとなかなか落ち着きます。飼っているわけではないのでセーフです。

こちら母親です。

もう一団体は、

Wild Birds Unlimited Barred Owls
http://allaboutbirds.org/barredowls

Wild BirdsUnlimitedの代表Jim Carpenter氏は、
1999年以来、樹木が茂った裏庭でカメラ付きの巣箱(フクロウボックス)を設置しています。

ピグナッツヒッコリーの木の9m以上の高さに設置された巣箱です。

こちらライブ配信映像です。
寝てばっかじゃねえか!いや、母親が卵を温めています。

なんと、頭をもがれたリスの死体と一緒に寝ています。
自分の食事より 2つの卵を温めることに専念!

2020年のまとめ動画です。卵が孵化して雛が飛び立つまでがまとめられています。


最後に画像のコレクションを貼っておきます。


以上

ウサギフクロウは最高!

外道です。
前にも申し上げた通り、フクロウは最高です。

今回はウサギフクロウ特集です。

(英名)Striped Owl
(学名)Asio clamator

Asioとあるのでトラフズクの仲間です。当サイトの過去の記事で紹介してます。

南米原産の中型(高さ 30 – 40cmくらい)の夜行性のフクロウで、正式名称は「タテジマフクロウ」ですが、日本では「ウサギフクロウ」としての名で販売されています。

名前の通りウサギの様な長い羽角が生えています。顔の円盤と目の下の茶色い毛も素敵です。

有名なフクロウですが輸入量が少なくレアです。
880,000円 1羽

やや神経質な性格と言われておりますが、繁殖難しいのでしょうか。
警戒心が強いことは悪いことではありませんが、果たして…..





細かい説明は下記の専門サイトを読んでください。

The Owl Pages Striped Owl ~ Asio clamator (Pseudoscops clamator)
https://www.owlpages.com/owls/species.php?s=3580

今回も画像を貼りまくります。
一番下には秘蔵の動画も!

威嚇です。1

威嚇です。2

Striped owl (Asio clamator), portrait Bonito, Mato Grosso do Sul, Brazil

まだ縦縞模様有りません。

威嚇です。3

嫌なものを見てしまったのでしょうか、細くなっています。


「ウサギフクロウ」でWeb検索して、
このような緑の背景の画像を見つけたら、まず間違いなく東京の有名フクロウカフェのフクロウさんです。困り眉が特徴です。

スマホで縦画面で表示されるようアップしました。
「限定公開」の設定です。

見慣れないフクロウがお店に来ているのでやや警戒しています。
餌やりの際に落ちた肉が足元にある旨をお知らせしたところ拾って食べました。
1:34 地点でくしゃみをします。


以上

トラフズクはいいぜぇ!トラフズクはよぉ!

外道です。
前にも申し上げた通り、フクロウは最高です。

今回はその中のトラフズク特集です。

(英名)Long-eared Owl
(学名)Asio otus

トラフズクは森に生息する中型のフクロウで、大きな羽角と身体の虎斑模様(とらふもよう)が特徴です。

細かい説明は下記の専門サイトを読んでください。

The Owl Pages Long-eared Owl ~ Asio otus
https://www.owlpages.com/owls/species.php?s=3550

森の自然誌 野鳥:トラフズク研究
http://uralowl.my.coocan.jp/nature/birds/html/bird_torafu.html


このトラフズク、日本にも野生で生息して居られるようです。
一度お目にかかりたいところですが、威嚇されること間違いなし。

今回はとりあえず狂ったように画像を貼りまくります。




貼りました、満足!


メンフクロウはいいぜぇ!メンフクロウはよぉ!

外道です。
唐突ですが、控えめに言ってフクロウは最高です。

フクロウは「猛禽類」の一種です。
タカやワシのように鋭い爪とくちばしを持っています。

近年、フクロウカフェなどが増えたことにより、比較的身近な存在になりフクロウの人気が高まっています。

見た目がかわいらしいのでペットとして飼いたいと考えている方も増えているようです。

目が正面についているせいでしょうか、他の鳥類と比較してフクロウに妙な親近感があります。(個人的意見です)


中でも メンフクロウ (Barn owl)は流通量が多く、値段も安い(120,000 – 150,000円)ためメジャーな存在です。


筆者好みのメンフクロウ画像を貼りまくります!


おっと、メンフクロウが入手しやすいからと言って
気軽に飼っていいわけではありませんよ。

ギャーギャー騒いだら近所迷惑になりますし、フンやら抜けた羽やら羽鞘(うしょう)やらが部屋中に撒き散らされます。

餌の準備もあなたがやるんですよ? あなたの家族ではなくあなた自身が世話をするのです。

何があっても途中で世話を放棄することは許されません。
場合によっては飼い主が嫌われて攻撃されてしまう可能性もありますのでご注意!



フクロウかわいいなあ!
飼っちゃおうかな~!

そんな気軽に飼えるわけねえだろコノヤロー!



とりあえず他の記事はどうでもよいですから、今日はメンフクロウの首回し動画を堪能していってください。

親切な方がアップしてくださっておりますので、列挙します。
飼えなくてもある程度の気晴らしにはなるでしょう。やったね!


はい、最高です!
メンフクロウはペットとして飼われる際に「めんちゃん」とか「メンメン」とか安易な名前を付けられがちです。柴犬に「シバ」、黒猫に「クロ」みたいな。

筆者はバンドネオンとはある程度の意思の疎通ができるようになりましたが、フクロウは……..難しいです。

どこを見ているのか何を考えてるか全くわかりません。

しばらくは生態をよーく観察したり、
以下のような本を読んだりして勉強を……(Amazonのリンクです)


増補改訂 フクロウ完全飼育: 飼育、品種、接し方がよくわかる (PERFECT PET OWNER’S GUIDES) – 川添 宣広、 藤井 智之

はじめてのフクロウとの暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ) – 伊澤 伸元

ザ・フクロウ―飼い方&世界のフクロウカタログ (ペット・ガイド・シリーズ) (日本語) 単行本 – 加茂 元照、波多野 鷹、大橋 和宏、永田 敏弘

フクロウ: 飼える種類、食べ物、接し方、仲良くなる方法がすぐわかる! (小動物☆飼い方上手になれる!) (日本語) 単行本 – 藤井 智之、川添 宣広


うーん、良い本ばかりです。
しかし覚えることが多すぎます。(フテ寝)


以上

フクロウはいいぜぇ!フクロウはよぉ!

外道です。
唐突ですが、フクロウは最高です。

バンドネオンなんぞやっている場合ではありません。(言い過ぎ)
筆者は人間の赤ちゃんより、フクロウの赤ちゃんの方が好きです。(ヒドイ)

このWebサイトなかなか良いです。フクロウ好きの方は是非!

The Owl Pages
https://www.owlpages.com/owls/


部位説明をご覧いただくだけでも、フクロウがユニークな特性を持った生き物であることがお分かりいただけるかと思います。


このWebサイトには
写真生態についての解説鳴き声のデータ野生のフクロウとの接触体験談Q&A集学術論文フクロウの絵だけでなく、なんとフクロウの入れ墨の写真まであります。


関連グッズへのリンクはOwl Stuffという別のサイトのようです。
個人的にはフクロウの顔が描かれた布団カバーが欲しいです。




以下、筆者お気に入り画像です。Webで拾いました。

MegaOwls.com
https://www.facebook.com/groups/1959175597518163/photos/
も良いです。

ブラウザで「OWL」と画像検索すれば、このような画像が出てきてほっこりすることでしょう。




以上