さて、トルコの弦楽器Sazについて少し調べ

外道です。
トルコ音楽で最も使用されている弦楽器 Saz (Bağlama)についての記事です。あくまでも個人的に頭を整理するためのメモ程度のものです。おっぱじめるためにはある程度の下準備が必要です。とかいいつつ既にトルコの業者とやりとりし、発注済です。


サムネイルの写真は 数年前のメッセフランクフルトで撮影したものです。この時、筆者はFERHAT KAŞIKÇI 氏のデモ演奏に聞き入っておりました。バイオリンやギターなどの展示にはあまり興味がなく申し訳。

やや気になるドキュメンタリー映画Saz

この楽器は主にトルコの伝統音楽と、民俗音楽、アラベスク音楽に使用されており、1500年以上の歴史があります。

Sazと呼ばれますが、どちらかというと「Bağlama (バーラマ)」が正式名称のようです。

[有名な奏者]
Aşık Veysel Şatıroğlu (アシュク・ヴェイセル)
Neşet Ertaş (ネシェ・エルタシュ)
Muhlis Akarsu (ミューリス・アカルシュ?)

筆者はトルコポップのこちらのPVで見かけて知りました。

作曲家 Doğukan氏が所持しているこの白い楽器、エレクトロSazと思われます。


これは「Elektro Bağlama」(= エレクトロ Saz)と呼ばれるもので、弦の振動を電気信号に変換して音を出力するタイプのもの。アコースティックなものとは別モノの印象です。それでもエレキギターよりはSazっぽいです。

あわび(アバロン)の装飾がかっこいいです!
これもエレキです、指の動きが早過ぎてよくわかりません



このSazという楽器はボウル(tekne)、響板(göğüs)、ネック(sap)の3部構成で ボウル = 洋ナシのような形の丸い部分です。

ボウルの素材として使用されている木材は
桑、 ジュニパー(ネズ)、マホガニー、クルミ など

名人 FERHAT KAŞIKÇI 氏
外部のマイクで拾ってます


Sazの販売店探り

Duygu Muzik Evi
https://duygumuzikevi.com/
ロングネックよりショートネックの方が品揃え多い気がします。
プロ仕様の 10,000トルコリラの楽器 ≒ 約 86,641円 (2022/4/16現在)
バンドネオンと比較してしまうとお買い得な気がしてなりません。
1 Bn = 10~20 Sazという感じです。バンドネオンはお財布にやさしくありません。

Yılmaz Saz Evi
https://yilmazsazevi.com/
9弦のDivan Sazもあります。490トルコリラで一番安いSazがあります。22,000トルコリラのSazは単に値段が高いのか本当に業物なのか不明です。

Sala Muzik
https://salamuzik.com/
自社サイトは翻訳バッチリ、それだけでなく各国向けのAmazonサイトにも出品されており、輸出に力を入れているようです。ケースやスタンドなども一緒に提案してくれます。Saz以外の品ぞろえも豊富です。

Bağlama & Saz Modelleri ve Fiyatları – Hepsiburada
https://www.hepsiburada.com/baglamalar-c-402814
見やすいページです。448トルコリラ ≒ 3,868円(2022/4/16現在)で入門用Saz一式は安すぎます。Saz以外の品ぞろえも豊富です。

Erasaz
https://www.erasaz.com/
エレクトロサズと言えばこの店です。プロ御用達のようです。上達したらアバロン装飾付き高級品を狙いたいですね。

良いSazの条件

・楽器に亀裂や傷がないこと
・ネックが真っ直ぐであること
・弦がフレットに触れない (隙間は3mmが理想)

個人的なメモ

Saz は発弦楽器で 弦は全部で 7本、上から 2-2-3 の複弦構成になっている。これはシンセサイザーのオシレーターやバンドネオンのダブルリードと同じ考え方、豊かな倍音を得る仕様。弦同士の共振も狙っている。

楽器の大きさの種類は多数
Meydan Saz:12弦
Divan Saz:9弦
Çöğür:通常のBağlama
Bozuk:エーゲ海と地中海地方で使用される
Cura:もっとも小型のもの
İkitelli:Curaより少し大きい古楽器
Kopuz:Bağlamaの祖先

Sazの祖先は Kopuz(コプズ)という弦楽器です。中央アジアの音楽で使用されるKomuz(コムズ)と関連しているようです。

Sazにはショートネックとロングネックのものがある。
・1960年代に習得を簡素化するために設計されたショートネック サズ
・本来の伝統的なロングネック サズ


3つの弦グループ(7弦3コース)、
上:2本中1本が 1オクターブ上
中:ユニゾン
下:3本中2本が 1オクターブ上

上から下に
ショートネック 19フレット:ラソレ(A、G、D)

Short Neck Saz


ロングネック  23フレット:ソレラ(G、D、A)

Long Neck Saz この方はラ# ファ ド(A#、F、C)


調律アプリ Bağlama Akort ve Metronom

https://apps.apple.com/jp/app/ba%C4%9Flama-akort-ve-metronom/id1520458900

調律アプリ2 Saz Tuner – Bağlama Akort App

https://apps.apple.com/jp/app/saz-tuner-baglama-akort-app/id1130806495

ただし、チューニングパターンは複数存在する。(地域ごとの流派?)



実音と記譜が違う 実音ラ# ファ ド→ 記載 ソレラ

フレットの中間を抑えると四分音(半音をさらに半分に割ったもの)になる。このような微分音は西洋音楽では除外されたが、自然倍音を含みハーモニーとして本来は成立するものである。

右手:楕円形のナイロン製ピックを上から撫でるように下ろす。演奏に自分の指や爪を使用しても良いが、ピックは「mizrab(メズラブ)」と呼ばれるもの。使用目的は指擦れの保護。ティッシュをつまむ程度の力で良い。弦の下のボディに手を接触させて軽く固定し、ピックを操作。

左手:指を立ててフレットを抑える。

ロングネック:左手移動大変だが音域が広い、低音も出る。
初心者にショートとロングどちらを勧めるか賛否両論あり。現地の方はロングを強くおススメしている。バンドネオンと同じでつまらない揉め事も起きている模様。

現代は実用的なショートの方が主流とされている。( 同じオクターブ内の演奏をするならこれで十分とのこと)

筆者はロングの方が音色の響きが良いと思うのでロングに決定し、発注済。


楽器への水分はNG、基本的に空拭きで。極度の乾燥もNG、アルコールNG。
ケースに楽器を入れる前に、弦を緩めて綿の布で覆う。 弦を締める際は低い方から高く一方向に。
ケースに入れる際は弦を上にして置く。

楽器の保護はポリスチレン製ハードケースがおススメ (衝撃、虫、紫外線からの保護)

あと、いまさらですが、

この楽器、バンドネオンより難しいんでねえかと心配しております。


以上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中