Windowsゲーム「未来からの暗殺者」をご存じですかな?

外道です。

皆さんは、アドベンチャーゲーム「未来からの暗殺者」をご存じでしょうか。むさし氏のWINDOWSゲームです。

ピーター・ピースのSF作品ではありません。

PC雑誌の付録に入っていて、スタンドアローンのパソコンでガシガシ遊んだ記憶がありませんか?


ソフト名: 未来からの暗殺者
動作OS: Windows 3.1
必要DLL:VBRJP200.DLL
機種: 汎用
種類: シェアウェア :800円(当時)
作者: むさし
リリース:1994年

Visual Basic で作成されているため、VBRJP200.DLL 必須です。


[特徴]
1.常にプレーヤーの視点で画面が展開!
「3Dモドキ? アドベンチャーゲーム」


ようするに、主観視点です。当時としてはなかなか斬新な。


2.画面のどこかをマウスクリックするだけでストーリーが進行
「極楽マウスオペレーション」


基本的に画面内をマウスでクリックすることでストーリーが進行します。極楽かどうかは怪しいです。操作はなかなかシビアです。中には時間制限もあります。一度つまづくとなかなか先に進みません。


3.多彩なサウンドとBGMの「マルチメディア」対応

当時は「マルチメディア」という用語が誕生して間もないころでした。MIDIでチープな音が鳴るだけでも衝撃でした。筆者はFM音源のパソコンしか持ってなかったので効果音のみでプレイ。これはこれで緊張感があります。



[ストーリー]
西暦2030年。世界を支配した人工知能と、反抗する人類との戦いが続いていた。

人工知能は人類軍の総司令を歴史から消滅させるべく、その母親「未沙」の抹殺を企てた。

かくして最強の暗殺機械クローンマンが過去に向けて放たれた・・。というわけで、どこかで見たようなストーリーが展開します。

未来の戦士であるあなたは、「未沙」を探し出し、クローンマンから守らねばなりません。壮絶なる?戦いがあなたを待っています!!




若干、ターミネーターっぽくて熱いです!

おっと、プレイ動画上げている方居りました。
筆者がアップする手間が省けて助かります。

さすがガチ勢!理不尽なトラップも何のその!
ネタバレですので、プレイしてから見た方が良いです。

残念ながらWindows Me以下でないと起動は厳しいと思われます。
試用版のミニバージョンと、有料版のフルバージョンがあります。

ミニバージョンではトラップに掛かってゲームオーバーになると、その度にゲームが終了します。この仕様ならゲームの上達が早そうです。


現在もVECTORで入手できます。

むさし
https://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an002526.html


他にも面白いゲームがあります。

ドクターヘル辺り今やっても味があって結構面白いと思いますよ。
数字で殴り合うゲームですが非常によくできてます。

ドクターヘルシリーズだけのゲドテコ記事書いても良さそうですね。
さて検討。



以上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中