好きな映画は「残穢」ですか。迷惑なんで巻き込まないでもらえます?

外道です。

邦画は画面が暗い
声が小さくてボソボソ何言ってるかよくわからない
かと思ったら急に大声を出したり、でかい音のBGMが鳴ったりして
腹が立つからあまり興味ないよという方、結構いるかと思います。


確かに、邦画はそういう傾向ありますね。
眠くなってしまう作品結構多いです。黒澤明 監督の「蜘蛛巣城」あたりおすすめです、良く寝れますよ。

上記の理由で邦画を見ないのはしてます。

これらの特性、狙っているかどうか知りませんが実は、
和製のホラー映画にピッタリなんです!


その筆頭が「残穢(ざんえ) -住んではいけない部屋-」です。
小野 不由美の原作小説を中村 義洋監督が竹内 結子主演で映画化した作品です。

個人的には邦画史上最高峰のホラー映画「スウィートホーム」以来の衝撃作です。当サイト「スウィートホーム」記事はこちら


残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― [DVD]

残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― [Blu-ray]

とりあえず、持っておいて損はないですからAmazon購入しましょう。

サブスクで見る?
駄目だ駄目だ、全くなっとらん!
ディスクを所持して何度も繰り返し見てうなされたり呪われたりしてなんぼでしょう。


若干ネタバレしますと、
小説家である、主人公の「私」が読者の体験談をもとにホラー作品を執筆する過程で、手紙を受け取るところから話がスタートします。

ま、とりあえず予告編をご確認ください。



初めはヒヤリ・ハット情報の収集をしていくような感じなのですが、情報を集めていくに従い不気味な背景が見えてきます。

主人公自ら「その話どうもひっかかるな」と現地調査に乗り出すわけですが、これが巻き込まれ事故につながります。

なんでホラー映画の幽霊って他の人巻き込もうとしますかね。
いい加減にしていただきたいです。

この映画見て「怖ーい」とか言いつつ、
翌日には焼肉ライスバーガー食べます、むしゃむしゃ!

筆者は「やばそうなところで調査やめとけよ、バカ」って思うのですが、この映画ではリスク管理とかいう概念は全くないです。

なんと、いかにも不吉そうな家屋に通常装備でずかずかと足を踏み入れてしまいます。

で、結果は案の定という感じでした。

原因を深堀りするのは良いことです。
しかし何人も死んでるんだから、もうちょっと事故防止に努めましょうよ、ねえ!いい大人なんだからさあ!

って考えるとあまり怖くなかったりします、この映画。

あと、「スウィートホーム」の田口君はもっと展開が早かったです。
この映画の凄いところはそこに至るプロセスが全く退屈しないところです。ワクワクする人多いんじゃないでしょうか。

ちなみに原作小説もかなり不気味らしいですけど、まだ読んでいないのですみません。


以上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中